こんな食事は危険、おでこニキビの原因とは

毎日の食事内容が、ニキビの原因になってしまう事があります。

food2

特に、おでこニキビのように皮脂分泌が活発な部位にニキビができやすい人は、普段の食生活を見直して、炭水化物やナッツ類、香辛料などの刺激物を出来るだけ控えることも、ニキビ予防や改善につながります。

ニキビができる原因にはいろいろなものがありますが、直接的な原因は、毛穴から分泌される皮脂量が過剰になり、それが皮脂を詰まらせてしまう事。

そのため、食生活でも皮脂分泌を活性化するような食材は、ニキビの原因になってしまう事が多いのです。

炭水化物ならご飯、パン、パスタなどがあり、これらは糖質が多く含まれているのでニキビにはNGです。

カレーやトウガラシなど刺激のある香辛料は、食欲増進効果が期待できるのですが、毛穴から汗が噴き出すと同時に皮脂も分泌されるので、結果的にはニキビが悪化することになってしまいます。

 

どのような食事が望ましい

それでは、どのような食生活をすればニキビを改善したり予防できるのでしょうか。

理想的な食事は、「あっさりした和食系」です。

和食は、調理する過程で油を使わないものが多いですし、ビタミンやミネラル、そして食物繊維が豊富に含まれています。

これらの栄養成分は皮脂分泌を抑制する働きがあるだけでなく、体内の毒素や老廃物をスッキリ体外に排出する働きもしているので、ニキビの原因を徹底的に減らすサポート効果が期待できます。

家庭で和食を食べる際には、ご飯の量を出来るだけ少なくして、代わりに野菜でお腹を満たしてあげるように心がけると良いでしょう。

白米が大好きで、食べないと満腹中枢を刺激できないという人は、白米ではなく玄米や雑穀米など、栄養価の高いものに変えるだけでも、大きな効果が期待できます。ビタミンやミネラル、食物繊維を多く摂取して、脂質を少なくすることによって、ニキビ改善効果だけでなくダイエット効果も期待できそうですね。

wasyoku

 

脂物は控えるけど

ニキビ予防と言うと、油を全くとらない食生活が良いのではないかと考える人がいます。

過剰に摂りすぎるのはNGなのは言うまでもありませんが、極端に油を取らないというのはNGです。

油を取らないことによって皮脂分泌が極端に制限されてしまい、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

肌の表面は毛穴から分泌された皮脂によって覆われていて、それが外部のアレルギー物質などから肌を守るバリア機能の役目をしています。

油を全くとらないと、バリア機能が低下してしまい、肌が乾燥するだけでなく、わずかな刺激に対しても肌がアレルギー反応を起こしやすくなってしまうので注意が必要です。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ