夏だからこそのニキビ予防法

woman_face1
暑い夏は、汗をかきやすい季節です。

汗は毛穴から分泌されていますが、汗と一緒に皮脂も分泌されるため、肌はどうしてもベタベタしやすくなってしまうもの。

しかし、屋外は暑くても室内はエアコンが快適で涼しく、汗が引いてしまうと肌のベタツキもすっかり忘れて肌をそのまま放置してしまいやすいものです。

エアコンによって肌が乾燥すると、皮脂というバリア機能が低下し、ニキビができやすくなってしまいます。

夏はニキビができやすい季節ですから、普段の生活を見直して、ニキビを作りにくい生活習慣へと改善することが大切です。

たとえば、夏には汗と一緒に皮脂や汚れなどが毛穴に詰まりやすくなりますから、洗顔は泡洗顔でしっかり毛穴の中まで汚れを洗い流してあげるように工夫したり、スキンケアはあまり使用感の重たくないさっぱりタイプを選ぶのも良いでしょう。

また、汗をかくからと言って過剰な洗顔もニキビの原因となるのでNGです。

洗顔剤を使った洗顔は、朝と夜の2回だけに制限し、昼間に洗顔する場合には、冷たい水だけでサッと洗顔するのが効果的です。

洗顔剤をつけての洗顔をすると、肌表面の皮脂を取りすぎてしまうので、あまり頻繁に洗顔剤での洗顔をしてしまうと、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

また皮膚も学習し、肌を守る皮脂が無ければたくさん皮脂を出そうとしてしまいます。

スポーツの後など、どうしても洗顔剤を使いたい場合には、その後に化粧水でたっぷり保湿ケアをしてあげるのも忘れずに行いたいものです。

夏はできるだけ使用感の軽いさっぱりタイプ化粧水にするなど、季節によって化粧水の使用感を見直すのもおすすめです。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ