ニキビのどの段階のニキビは芯を潰してよいか

おでこニキビなどに多い白ニキビはコメドと呼ばれることもあり、ニキビの中では初ステージです。

 

白ニキビ

この段階では、毛穴の中に皮脂が詰まっている状態なので、ニキビの芯はないことが多いものです。

この段階では、適切な処置をすれば跡を残すことなくスッキリ治すことができますし、バイ菌が入らないように気を付ければ、つぶすのもアリですね。

毛穴の中の皮脂を押し出す際には、患部には直接触れないように気をつけながら優しく押し出し、押し出した後には低刺激タイプの美白美容液などを塗っておくと色素沈着を防ぐことができます。

 

赤ニキビ~黄ニキビ

nikibi_kiiro
赤く炎症を起こしている赤ニキビや、化膿している黄ニキビの場合には、場合によっては芯を持っていることがあります。

ニキビの大きさや炎症具合によって、どのぐらいの大きさの芯があるのかは異なりますが、放置してしまったニキビや、かなり悪化しているニキビの場合には、芯も肌の奥深くに埋まっていることがあり、自分で完全に芯を取り除くのは難しいでしょう。

簡単にプチッと取れる場合には、自分でとっても良いですが、自身がない場合や、取ろうとしたけれどなかなか取れない場合などには、無理に取らずに皮膚科を受診して、適切な治療を受けたほうが良いでしょう。

無理に取ってしまうと、肌細胞が奥深い部分までダメージを受けてしまい、色素沈着の原因となったり、そこから雑菌が入って炎症を起こす原因にもなってしまいます。

また、真皮層がダメージを受けると、そこから新しい肌細胞が作られにくくなってしまうため、凹凸タイプのニキビ跡として残ってしまうリスクがあります。

 

おでこニキビの芯の取り方

おでこニキビの芯を取る際には、できるだけ肌に負担をかけない適切な方法で行う必要があります。

ピンセットを使ったり、自分の爪で芯をつまみ出すという方法はNGです。

comedpusher
ニキビケアのアイテムが販売されているショップなどでは、芯を取り出すためのコメドプッシャーが販売されているので、そうしたアイテムを使いながら、できるだけ患部に触れずに圧を利用して上手に取り除きたいものです。

芯を取った後のケアも必要です。放置してしまうと、そこから細菌が入り込んで炎症を起こしたり化膿することもあるので、芯を取り除いた後には、化膿止めの軟膏を塗っておくと良いでしょう。

軟膏は基本的にはニキビケア用のものではありませんが、傷口から細菌が入るのを予防する作用があるので、ニキビの芯を取り除いた直後に塗れば、化膿や炎症を予防してくれるだけでなく、ニキビによる炎症なども鎮める働きが期待できます。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ