オイリー肌とおでこニキビの関係

オイリー肌の人は、ノーマル肌の人よりも皮脂分泌が過剰になっている肌質のことですね。

 

オイリー肌の特徴

顔全体がつねに脂っぽくベタベタしているなら、あなたのお肌はオイリー肌です。

お風呂から出て化粧水などをつけずに10分間ほど放置しても、顔がカサつかないくらい皮脂が活発な方もいます。

皮脂過剰な肌質なので、皮脂分泌が活発なおでこや小鼻のあたりは、普段からニキビができやすくなってしまいますし、メイクをしてもすぐにテカりやすいという悩みを持つ人が多いのが、この肌質に共通する特徴です。

 

オイリー肌のニキビケア

オイリー肌は、皮脂過剰なのでニキビができやすいため、普段からニキビ予防ケアを心がけることで、美肌を維持することができます。

おでこニキビは、コメドができやすいので出来てからケアをしても良いのですが、できる前から予防ケアをしておくことによって、仮にニキビができてもひどくならずにサッと解消することができます。

 

オイリー肌のスキンケア

skincare_cosme
オイリー肌の方のニキビ撃退法ですが、まずスキンケアを自分の肌質に合ったものを選びましょう。

あまり使用感の重たいものだと、肌に乗せた時にベタベタしてしまいますし、重すぎるテクスチャーが原因でニキビができてしまう事もあります。

化粧水をはじめとするスキンケア商品は、できるだけ使用感が軽いタイプを選んだほうが、スッキリ使えるのでおすすめです。

化粧水を選ぶ際には、ニキビケア用もしくは保湿重視のものを選ぶのが、オイリー肌と上手に付き合って皮脂過剰を抑制するためのポイントとなります。

オイリー肌は皮脂分泌がどうしても活発になりやすいのですが、間違ったスキンケアをして肌の水分量が少なくなってしまうと、皮脂量がさらに過剰になってしまい、ベタベタ感がアップしてしまいます。

そのため、肌にたっぷり水分補給をすることによって、皮脂分泌を出来るだけ正常な状態へと近づけ、ベタツキを抑えることができます。

 

オイリー肌のメイク

woman_face1
オイリー肌の人は、メイクをしても皮脂過剰のためにすぐに崩れてしまうのが特徴です。

そのため、ノーマル肌よりも頻繁にメイク直しをすることも多いのですが、メイク直しをする際に脂を取ることばかりに集中してしまうのはNG!

肌の水分量が少なくなって皮脂の分泌がさらに過剰になってしまうので気を付けましょう。

メイク直しをする場合には、ティッシュで軽く脂をオフした後、ミストタイプの化粧水を顔全体に吹きかけて保湿をし、肌表面に残っている脂となじませてあげることによって、きれいな仕上がりになります。

額のニキビを隠すためにファンデーションの厚塗りや、コンシーラーの使い過ぎは、オイリー肌にはあまりお勧めではありません。

メイクのパフ等肌につけるものは清潔を保つよう心がけてください。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ