おでこニキビを治すには保湿から

皮脂分泌が活発な部位にできるおでこニキビや、皮脂がそれほど活発でない部位なのにニキビができてしまう顎ニキビなどは、どちらも毎日のスキンケアを見直すことによって改善することができます。

ニキビができる原因はいろいろありますが、肌が乾燥することも原因の一つです。

nikibi_siro

肌細胞が乾燥すると、表面の角質細胞が乾燥して硬くなり、毛穴を塞いでしまい、ニキビが悪化しやすくなってしまいます。

毛穴を塞がないように肌をたっぷり保湿して柔らかい状態にしておくことは、ニキビ予防や改善にもつながります。

 

ニキビを保湿ケアするには

ニキビができている肌の保湿をする際には、化粧水をうまく使うのが効果的です。

ニキビはアクネ菌の増殖によって起こるので、化粧水はニキビケア用のものを使うようにしましょう。

ニキビケア用のものなら、殺菌成分や抗菌成分、清浄成分が入っているので、ニキビができにくい肌質を作ることができるだけでなく、抗炎症成分の働きによって、できているニキビの炎症を抑えることもできます。

 

保湿用の化粧水のタイプ

ニキビができていると、肌は敏感になっていることが多いので、化粧水を選ぶ際には無添加タイプのもの、ノンコメドジェニックテスト済のもの、メディカルコスメタイプのものを選ぶのが安全です。

できるだけ肌に与える刺激を少なくして、新しいニキビを作らないようにすることが、長期的にはニキビフリーの美肌作りへとつながります。

ただし必ずしも自分の肌に合うとは思わないことです。残念ながらノンコメドの商品でもコメドができる場合もあるし、自分に合うか合わないかは使って試してみるしかありません。

 

保湿の手順

保湿の方法ですが、コットンで拭き取りするタイプの化粧水や、美容液は肌に刺激を与えてしまうのでNG

woman_face1

ミストタイプのものか、手で付けるタイプのものかを選び、少量を数回に分けて重ねづけしましょう。

一度にたくさんつけるよりも、少量を数回に分けたほうが、肌の内側まで確実に保湿成分を入れることができます。

より肌によく浸透させるためには、化粧水をつけたら手のひらで包み込むようにパッティングするのがポイントです。

こうすることによって、毛穴を開いて化粧水の有効成分が肌の内側に浸透しやすくなります。

何回か重ねづけしているうちに、手のひらが肌に吸い付くような感じになりますから、その状態を目指して3回~6回ぐらい、肌質に応じて必要な回数を重ねづけしてあげると良いでしょう。

ニキビができていると、なにも肌につけないほうが良いと考える人がいますが、これは大きな間違いです。(クリニックや皮膚科で先生からもそう言われるケースもあるようですが)

何もつけないと、肌の内側の水分がどんどん蒸発してしまうので、乾燥肌や敏感肌になりやすくなってしまいますし、バリア機能が低下してニキビができやすくなってしまいます。

是非自分にあったコスメを見つけてニキビの保湿をしてあげましょう!

TOPページではおすすめニキビケア用品を紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください↓

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ