ルナメアACの口コミ、使ってみた体験談と成分調査

ルナメアACのトライアルセットを注文して使ってみました。

トライアルセットは1週間分入って1080円の格安ですので、自分の肌質に合うか確認するのに調度良いと思います。

郵便ポストへの定形外投函となりますが、送料は無料です。注文して翌日発送、2日後に到着しました。

箱を開けてみるとこんな感じです♪
lunamea02

次の4つが入ってました!

・ファイバーフォーム(洗顔料)
・スキンコンディショナー(化粧水)
・ジェルクリーム(クリーム)
・洗顔泡立てネット

あと、オマケかわかりませんが、しっとりタイプの化粧水も2つ入ってました。
lunamea03

 

実際にルナメアACを使ってみた口コミレビュー

・ファイバーフォーム(洗顔料)
こちらは洗顔料なのですが、泡立てネットのおかげでかなりフワフワのモコモコになります。

かなり洗いやすいと感じます。低刺激のために殺菌成分は入ってないのですが洗いあがりはかなりスッキリします。

・スキンコンディショナー(化粧水)
こちらは化粧水です。1週間分なんですけど、3週間もつぐらいの量が入っててお得です。

弱酸性でビタミンE配合なので皮脂の酸化を防いでくれてとてもいいかんじです。

・ジェルクリーム(クリーム)
こちらはクリームですけど、かなりしっとり感があり保湿の能力は十分だと思います。

写真
お恥ずかしいのですが、私のおでこの写真です。使ってみた前後を比較して口コミしちゃいます!

おでこは白ニキビ(コメド)がとても多くて、触るとブツブツ感がわかるぐらいの肌質でした。

それがかなり滑らかな肌質になったと思います(写真じゃわかりにくいかな…)

odeko_beforeafter1

実はこの写真、向かって左側は「ルナメアAC」を使って右側は「NOV」を使ってます。どっちがいいかなと思って同時に半顔で試したというわけです。

私の場合は肌質にあったのか良い結果となりました。

皆さんも同じ結果になるかはわかりません。まずはお試しセットで安く肌質に合うか確認してみてください。

ルナメアACお試しセットはこちら

 

ルナメアACのニキビケアの特徴

ストレスや睡眠不足など、生活習慣が原因でできる大人ニキビは、根本的な原因を解決することがニキビ解決の第一歩です。しかし、生活習慣を変える努力をしても、なかなかニキビが良くならないという人は多いものです。そんな人にオススメなのが、大人ニキビケアとして開発されたルナメアAC。ニキビができやすい毛穴の内側までニキビ予防有効成分が入り込んで、アクネ菌や皮脂をすっきりと取り除くと同時に、集中的な保湿ケアをしてくれるので、短期間でも肌を内側までたっぷり保湿し、ニキビができにくい健康な肌質へと改善できます。

 

ルナメアACの成分について

ルナメアACの有効成分には、ニキビの赤みや炎症などのトラブルを抑えて健やかな肌質を維持することができるグリチルレチン酸ステアリルがあります。肌への刺激が少ない成分で、副作用などもないので、敏感肌でも安心して使うことができる成分です。うるおい成分としては、ホルモン分泌を活性化する作用を持つ天然ビタミンE、高い保湿効果のあるグリセリン、肌の内側では女性ホルモンと同じような働きをすることでニキビ予防や症状軽減効果が期待出来るイソフラボンなどが配合されています。

 

ルナメアACのWEBの口コミ

購入前に、WEB上の評判や口コミを調べてみました。

・富士フィルムが開発したスキンケアラインと言うことで、以前からずっと気になっていたのですが、ニキビケア用のルナメアACが誕生した時に飛びつき、それ以来ずっと愛用しています。私はもともとニキビができやすく、ニキビケア用のスキンケアをやめると、すぐにニキビができてしまうほどです。ルナメアACは、リーズナブルに買えるから続けやすいし、たっぷりケチらずに使えるのでとても気に入ってます。効果も抜群ですよ!

・大人ニキビで悩まされていた時に見つけたルナメアACは、最初にトライアルセットを試してみたのですが、使用感がとても気に入り、それ以来リピートしています。3ステップでニキビケアができるのって簡単なので、面倒なことが苦手な私でも続けやすいのが嬉しいですね。ニキビができやすくて、少し変わったスキンケアだとすぐにトラブルになってしまうので、ルナメアACのようにシンプルなステップで肌のお手入れができることは、本当に助かります。

・ルナメアACの化粧水をずっと使っています。ノーマルタイプとしっとりタイプがあって、夏はノーマルタイプ、冬はしっとりタイプを使うのが私の肌にはあっているみたい。入っている成分は基本的に同じだし、トラブルを起こしやすい私の肌にとっては、安心して使えるのが、ルナメアACを選ぶ理由です。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ