ニキビ予防のための毛穴のケア

ニキビができる原因にはいろいろなものがあります。

しかし、直接的な原因となるのは、毛穴が詰まってしまい皮脂が排出されない事による炎症です。

nikibi_siro

毛穴の役割

体温調整をするために、常に開いたり閉じたりを繰り返していて、汗として水分が蒸発させています。

また、皮脂の分泌(体の表面を外部の菌やアレルギー物質や病原体から守るためのバリア機能を正常な状態に維持する)も行います。

 

毛穴がつまる原因

1.毛穴を詰まらせてしまうのは、皮膚の角質が乾燥して詰まってしまうことが挙げられます。

2.皮脂の過剰分泌が原因で皮脂が毛穴を詰まらせてしまうことも挙げられます。

3.ホコリや汚れなどが毛穴に詰まってしまう事によってもニキビができやすくなってしまうので、詰まる原因は一つだけではありません。

 

開きっぱなしの毛穴もNG、スキンケアで「キュ!」

毛穴が閉じたり開いたりするのは、細胞のハリや弾力と大きな関係がありますが、肌が乾燥するとハリや弾力が失われてしまうため、開いたまま閉じにくくなってしまいます。

つまり、開きっぱなしの状態になってしまうわけです。

すると、そこに汚れが入りやすくなり、それがニキビの原因になってしまう事もあります。

ニキビを作らないためには、できるだけ毛穴を不要に開きっぱなしにしないように、普段のスキンケアではとにかく毛穴をキュッと引き締めるためのお手入れが必要です。

 

毛穴を意識して洗顔する

毛穴を意識したスキンケアをする際には、まず最初に洗顔方法を見直しましょう。

洗顔する際には、毛穴の中に詰まっている汚れや皮脂をスッキリ洗い出すために、蒸しタオルやスチーム美顔器などで毛穴を開いてから、泡洗顔するのがポイントです。(面倒でなければ)

また洗顔料によっては「マイルドピーリング効果」があるものがあります。肌の角質を落としてくれる作用です。毛穴の詰まりの原因になる古い角質を取ることができますよ。

その後で、化粧水でしっかりと肌を引き締めてあげれば、開いた毛穴をキュッと閉じることができます。

 

スキンケアの方法

woman_face1
洗顔後のお手入れも大切です。肌は乾燥するとハリや弾力を失い、毛穴が開きっぱなしになりやすくなります。

そのため、洗顔後は肌が乾燥しないようにたっぷりと保湿ケアをしてあげましょう。

化粧水はヒアルロン酸やセラミドのような保湿成分が入った物を選んでも良いですし、ニキビができやすい肌質の人ならニキビケア用のものを選ぶのもおすすめです。

そして、化粧水をつける際には、肌の表面だけでなく内側までしっかり保湿できるように、何回か重ねづけするのがおすすめです。

化粧水は肌に水分を与えるためのものなので、重ねづけしても肌がべたつくことはありませんしたっぷり浸透させてあげると良いです。

商品によって使用感が重たいものもあれば軽いものもあるので、ニキビが悪化しない事、肌との相性、気に入った使用感で選んでください。

以上でニキビが気になる方の毛穴のケアはおわりです。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ