髪の毛のせいでおでこニキビが出来る

odekonikibi2
ヘアスタイルによってニキビができやすくなってしまう事があります。

特におでこニキビは、ヘアスタイルを変えることでスッキリ解消することもできれば、前髪がおでこにピッタリくっついたヘアスタイルにすると、それまではニキビができていなかった人でもおでこニキビに悩まされたりすることもあります。

前髪がおでこに触れているような髪型をしていると、おでこの部分の通気性が悪くなり、蒸れやすくなってしまいます。

前髪でなくても、いつも帽子をかぶっていたりしておでこが隠れているファッションをする人も、おでこニキビができやすいので注意してください。

この部位のニキビが気になる場合には、ヘアスタイルを変えて、おでこを全開にしてあげるだけでもかなりスッキリしてトラブルを解消できることが多いようです。

髪を清潔に保っていても・・・

おでこニキビの原因となる前髪ですが、毎日洗髪して清潔にしている場合でも、ニキビを作りやすくなるので注意しましょう。

これは、髪の表面に空気中のホコリや細菌などがたくさんついていて、それがおでこに付着してしまうからです。

髪によって通気性が悪くなっている所に、ホコリや細菌が運ばれてくるのですから、皮膚表面がニキビができやすい環境になってしまうわけですね。

おでこニキビができてしまったら、まず髪型を見直すことから始めましょう。

いくらニキビケア用のスキンケアをしていても、原因を取りのぞかなければすぐにニキビはできてしまいます。

前髪を下ろしているヘアスタイルの場合には、左右に分けておでこの風通しを浴してあげたり、バンダナやカチューシャなどで、前髪がおでこにつかない髪型にすることで、ニキビの原因をなくすことができます。

 

ヘアスタイル+スキンケアが大事

普段のスキンケアも見直しましょう。

おでこと言う部位は皮脂分泌が活発な部位なので、コメドもできやすいですし、できると悪化しやすいものです。

そのため、洗顔する際には、毛穴の一つ一つの中に詰まっている皮脂や汚れをスッキリ洗い落とすために泡洗顔を行い、仕上げに化粧水で毛穴をキュッと引き締めてあげましょう。

ニキビができているからと言って洗顔剤でゴシゴシこすっても、皮膚にダメージを与えてますますニキビが悪化してしまうだけなのでNGです。

患部には触れないように気をつけて、泡洗顔で泡が毛穴の中の汚れをかき出すようなイメージで洗顔するのがおすすめです。

洗顔後には、ニキビケア用の化粧水でたっぷり水分補給してあげることで、ニキビを軽減することができますし、予防策にもつながります。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ