乾燥肌のおでこニキビを良くするには

一つ一つの肌細胞には、水分がたっぷりと含まれているものです。しかし、加齢や化粧品の理由によって肌細胞の水分量が減ってしまうと、肌は乾燥肌となってしまいます。

 

乾燥肌でおでこニキビができる理由

乾燥によって肌のバリア機能が低下することによって、外からの刺激に対してアレルギー反応を起こしやすくなったり、ニキビなどのトラブルを起こしやすくなってしまいます。

皮脂分泌が活発なおでこや小鼻のあたりは、肌が乾燥するとニキビができやすくなりますし、大人ニキビなら顎や頬など、皮脂分泌がそれほど活発ではない部位でもニキビなどのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

肌の乾燥によって古い角質が硬くなり毛穴に詰まりやすくなるのも原因の1つです。

 

化粧品の見直しは必ずしてみよう

肌質には個人差があり、乾燥肌になりやすい人もいれば、なりにくい人もいるものです。

しかし、どんな乾燥肌でも毎日のスキンケアで保湿重視のケアを続けることによって、乾燥を食い止めることができますし、ノーマル肌へと肌質を改善することも十分に可能です。

乾燥肌で悩んでいる人や、おでこニキビケアの方法を探している人などは、まずは使っている化粧品を見直すことから始めると良いでしょう。

肌が乾燥してカサカサしている人は、スキンケアアイテムにNMFやヒアルロン酸が入ったものが保湿に良くおすすめです。

NMF=ナチュラルモイスチャーファクター 天然の保湿因子

一方、ニキビなどのトラブルを起こしやすい人なら、細胞間を水分で満たしてくれるセラミドが入った物を選ぶのも良いでしょう。

肌細胞の内側にも保湿をし、細胞間にも保湿をすることによって、バリア機能を正常な状態へと近づけてトラブルを起こしにくい肌質へと改善できます。

また、肌細胞の水分量がアップすることによって、肌に透明感が生まれますし、水分バランスと皮脂バランスが良くなりますから、皮脂分泌が緩和されるというメリットもあります。

肌の乾燥による皮脂分泌が少なくなれば、ベタツキなども抑えられて、毎日のスキンケアもやりやすくなるはずです。

おでこニキビケア用のスキンケア商品

乾燥肌でもおでこニキビができやすい人は、スキンケアを選ぶ際にはニキビケア用のものを選ぶのがおすすめです。

ニキビケア用のものにはアクネ菌を殺菌してくれる成分や抗菌成分などが配合されていることが多いですし、赤くなっているニキビの炎症を鎮めてくれる抗炎症成分が配合されているものもたくさんあります。

そのため、これからできるニキビを予防する作用が期待できるだけでなく、すでにできているニキビならひどくならない前に改善することができます。

ニキビ用スキンケアには、使用感がさっぱりしているものやしっとりしているものがありますから、肌との相性で選んでくださいね。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ