混合肌のおでこニキビ対策

混合肌と言うのは、乾燥している部分もあれば、皮脂分泌が活発な部分もあるという肌質のことです。主におでこやTゾーンの脂っぽさが目立ち、他の部分は乾燥した感じがするのが混合肌です。

混合肌だと、化粧水などのスキンケア商品を選ぶ際には、乾燥している部分に合わせたほうが良いのか、それともオイリーな部分に合わせて化粧水を選んだほうが良いのか迷ってしまいますが、この選び方を誤ると、肌質がどんどん悪化してニキビなどのトラブルがひどくなってしまうので注意しなければいけません。

 

混合肌のスキンケア選び

混合肌の方のおでこニキビむけのスキンケア化粧水は、乾燥している肌の部分に合わせて選ぶのがおすすめです。

肌は乾燥するとバリア機能が低下して、トラブルを起こしやすくなってしまうという特徴があります。

ニキビなどのトラブルも、肌が乾燥することによって起こりやすくなるので、トラブルを予防するためには、できるだけ肌をたっぷり保湿してあげることが必要なのです。

skincare_cosme

オイリーな部分も、肌を保湿することによって水分量がアップするので、皮脂分泌が抑えられて水分と脂分のバランスが正常な状態へと近づきます。

混合肌のお手入れは、乾燥している部分に合わせて化粧水を選び、オイリーな部分も含めてたっぷり保湿してあげることが、肌質改善の鍵となります。

最近のスキンケアラインは「混合肌用」というものを出してるメーカーもありますので、そういったものを選んでも良いでしょう。

 

混合肌おでこニキビのケア

既に出来てしまったおでこニキビのケアをしたい場合などには、ニキビケア用の化粧水を選ぶのも良いですし、トラブルを起こしやすい肌質なら、無添加タイプのものを選ぶのも効果的です。

ただ、ニキビが活発にできている場合には、あまりゴシゴシこすってしまうのは肌に負担をかけて逆効果なので、洗顔する際には泡洗顔を心がけ、化粧水などのスキンケアでも、なるべくこすったり摩擦を与えないように優しくお手入れしたいものです。

混合肌の場合、保湿重視のスキンケアを心がけることによって、肌の水分量がアップし、バリア機能も正常な状態に近づくので、ニキビができにくい肌質へと改善できます。

ニキビができてもひどくならずに解消することができます。

また、保湿ケアをすることによって、トラブルを起こしやすい混合肌からノーマル肌へと肌質改善効果も期待できます。

 

混合肌の方のメイク

skincare01

混合肌の人は顎や頬の部分はカサカサしやすいのに、Tゾーンはすぐにベタベタしてしまうので、メイク直しの時には、Tゾーンの皮脂をティッシュでかなり念入りにオフしてしまう場合が少なくありません。しかしこれは、肌の乾燥につながるのでNG。

Tゾーンの皮脂を取らずにミストタイプの化粧水を顔全体に吹きかけ、抑えるような感じで油となじませながら肌全体に化粧水の保湿成分を浸透させてあげるようにすると、肌の乾燥を防いでメイクを綺麗に治すことができます。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ