コラーゲンがニキビに影響があるかどうか

コラーゲンは、一つ一つの肌細胞にハリや弾力を与えることができる成分です。

もともとは体内で生成されている成分ですが、その生成量は25歳をピークにして減少し始めるため、25歳を超えると肌は少しずつハリや弾力を失ってしまいます。

そのため、この年齢を過ぎると体内で生成されない分は、スキンケアやサプリなどを使って補給してあげることが、美肌を維持するためには必要となります。

 

コラーゲン不足とニキビの関係

たんぱく質の一種であるコラーゲンは、肌のハリや弾力だけでなく、体内では内臓や血管の弾力性にも大きな役割を持っているため、たくさんのサプリに配合されている成分でもあります。

普段の食事から摂取することもできますし、スキンケアやサプリでも摂取できますが、極度に不足すると、皮膚の弾力やハリがなくなることによって乾燥肌になりやすくなり、バリア機能が低下してニキビなどのトラブルを起こしやすくなってしまいます。

特にもともと皮脂分泌が活発なTゾーンでは、おでこニキビや鼻ニキビができやすくなってしまうので気を付けましょう。

ニキビを改善するためには、体内で不足しやすいコラーゲンをスキンケアとサプリで補給する方法もおすすめです。

スキンケアは肌細胞に直接有効成分を与えることができるので、即効性の効果を期待できますし、サプリの場合には体内から有効成分を全身に行き渡らせることができるので、肌を内側からモチモチにしてくれる効果が期待できます。

 

コラーゲン商品の選び方について

skincare_cosme

ただし、コラーゲンを補給する際には、いくつか注意点があります。まず一つ目は、コラーゲン成分は粒子がとても大きいため、細胞間を通過しにくいという特徴があります。

そのため、商品の選び方によってはいくらスキンケアでコラーゲンを肌に与えていても、コラーゲンの作用は表皮細胞だけにしか行き渡らず、内側はハリや弾力がない細胞のままになってしまいます。

そのため、コラーゲンが配合されているスキンケアやサプリを選ぶ際には、できるだけ粒子の細かいマリンコラーゲンを選んだり、コラーゲン誘導体など、肌の内側に確実に入り込んでハリや弾力を与えてくれる成分を選ぶようにしましょう。

どんなに肌にプラスの効果が期待できる美肌成分でも、過剰摂取は厳禁です。
コラーゲンの場合、人間の体内で分解できるコラーゲン摂取量は5000mgまでと言われていて、この量を超えてしまうと、肌トラブルや健康被害の原因となってしまうの注意しましょう。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ