アトピーで敏感肌のおでこニキビのケア

敏感肌やアトピー肌は、先天的に持っている場合がありますが、生活習慣や間違ったスキンケアなどが原因で起こることもあります。

以前はノーマル肌だった人でも、肌質に合わないスキンケアを続けていれば肌がどんどん乾燥し、乾燥肌から敏感肌・アトピー肌へと進行してしまう事は少なくありません。

特に、おでこのように皮脂分泌が活発な部位では、コメドができやすくなってしまうので、正しいおでこニキビケアをすることによって跡を残さないお手入れをしたいものです。

 

敏感肌なら化粧品を見なおしてみよう

skincare_cosme

敏感肌やアトピー肌のニキビケアは、まず最初に肌質を改善することから始めるのが得策です。

使っている化粧品を全て見直し、トラブルの原因となる添加物や化学成分が入っているものはできるだけ控えたほうが良いでしょう。

無添加タイプのものや、敏感肌用などと記載されているものなら、肌に負担をかける成分が除外されているので安心して使うことができます。

私自身も自然派の化粧品に変えて以前より肌荒れになりにくくなった経緯があります。

 

何よりも保湿の質を意識して

敏感肌やアトピー肌は、一夜にして始まるものではありませんし、一朝一夕に解消できるわけではありません。

もともとは乾燥肌がどんどん進行することによって敏感肌やアトピー肌になってしまう事が多いため、肌質改善のためには、まず徹底した保湿ケアを心がけると良いでしょう。

保湿成分にはNaPCA、ヒアルロン酸、セラミドなどがありますが、水分で細胞間の隙間を満たしてくれるセラミドは、トラブルを起こしやすい肌質におすすめの保湿成分です。

バリア機能を改善する作用が期待できるので、スキンケアを続けていくうちにトラブルを起こしにくいノーマル肌へと近づくことができます。

 

普段のスキンケアの方法間違ってませんか?

また、敏感肌やアトピー肌は、普段のスキンケアでは、できるだけ肌に負担をかけないようなお手入れを心がけることも大切です。

例えば、洗顔をする際には、洗顔剤でゴシゴシこすってしまうと肌に負担がかかるだけでなく、肌に必要な皮脂までも取りすぎてしまうので、できるだけ低刺激タイプの洗顔剤を使って泡洗顔を心がけましょう。

そして、洗顔後には化粧水を何回か重ねづけすることによって、肌の内側までしっかり水分補給してあげることが必要です。

重ねづけの目安としては、3回~6回ぐらい、手のひらで顔を包み込むようにパッティングしながら重ねづけするのがポイントです。メイク直しの時など、スプレータイプの化粧水で保湿してあげることも大切。

時間があれば市販のシートマスクを使ったり、保湿成分が入った美容液を使う方法も効果的です。できるだけ日常的に肌の内側まで保湿するように心がけると、肌質が少しずつ改善できます。

 

敏感肌だけどおでこニキビに抗菌成分を試してみたら

odekonikibi3
私の体験談ですけど、敏感肌で少しでもぷっくり膨れるとすぐジクジクした赤ニキビになりやすいです。

それからおでこニキビは常に存在している状態で、ぼつぼつ・ぶつぶつ・といった感じ。敏感肌だけに今まであまり手にとったこともなかったような「抗菌系成分」が配合された洗顔と化粧水を使ってみました。

するとどうでしょう、いままでおでこやTゾーンのザラザラ・ブツブツがあったのに3日で滑らかな肌になったことがあります。

もし敏感肌でおでこのニキビに悩んでる方がいれば、思い切ってそういったスキンケア商品を手にとって見る事もあって良いのではと思いますね。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ