おでこニキビの悪者はアクネ菌

nikibi_aka

ニキビの直接的な原因は、肌表面や毛穴の中にある皮脂をアクネ菌がエサとして食べて繁殖することによって、周辺の肌細胞が炎症を起こしてしまう事です。

このアクネ菌は、正式にはプロビオバクテリウム・アクネスという名前の細菌で、人間の肌表面に常駐している菌です。

人間の体内や皮膚表面には数えきれないほどの細菌が常駐していて、その中には病原菌やウィルス、雑菌などを撃退してくれる善玉菌もあれば、体にとってマイナスとなる悪玉菌もあります。

アクネ菌は皮膚表面に常駐している菌で、細かく分類すると、善玉菌タイプのものと悪玉菌タイプのものに分類できます。

善玉菌

善玉菌タイプのものは、皮膚表面で病原菌の繁殖を抑える作用があるだけでなく、肌表面を理想的な弱酸性に維持する作用を持っています。

悪玉菌

悪玉菌タイプのものは、皮脂を食べながらリパーゼ酵素を分泌すると同時に、皮脂をグリセリンと遊離脂肪酸という二つの成分に分解する働きを持っています。

このうち、遊離脂肪酸が酸化すると過酸化脂質と言う成分となり、これが肌の炎症を引き起こしてニキビとなってしまいます。

つまり、アクネ菌すべてがニキビの原因となるわけではなく、善玉菌タイプのものばかりなら、肌にとってはマイナスの影響を起こすことはないのです。

 

アクネ菌を減らす

odekonikibi3

アクネ菌は皮脂をエサとするので、皮脂分泌が活発な部位にたくさん存在しているのが特徴です。

そして、分泌された皮脂を食べながらどんどん増殖し、それがニキビの原因となるわけですが、おでこニキビなどは皮脂分泌が活発なおでこに常駐するアクネ菌の仕業と言うことになります。

肌表面にたくさんのアクネ菌が存在している人は、ニキビもできやすくなります。

アクネ菌の数によってニキビのできやすさは異なるため、ニキビ予防やニキビ治療のためにはまず肌表面のアクネ菌の数を減らさなければいけません。

選択肢は2つありますので自分にふさわしい方を選んで欲しいです。

殺菌作用がある洗顔

洗顔剤や化粧水などの基礎化粧品を選ぶ際には、アクネ菌を殺菌する成分が配合されているものや、抗菌作用のある細分が配合されているものを選ぶ、という事です。

ニキビケアとして販売されているものなら、大半は殺菌成分や抗菌成分が入っています。しかし前述の善玉菌を殺菌してしまう可能性もあります。

泡や粒タイプの洗顔

最近の洗顔料には、善玉菌を取らないように殺菌成分を少なくしているケースもあります。泡や粒タイプの洗顔で肌表面を優しく洗ってアクネ菌を取ってくれるものです。

 

洗顔の仕方、無理なく

毛穴の中に皮脂を詰まらせないスキンケアも必要です。洗顔する際には、面倒でなければスチーム美顔器や蒸しタオルを使って毛穴をまず最初に開いてあげて、洗顔剤はしっかりと泡立てて泡洗顔をするのがおすすめです。

泡立てる際には手で泡立てても良いですが、泡立てネットを使うと、素早くきめ細かい泡を作ることができます。泡立てるのに時間がかかってしまう人や、上手に泡立てられない人は、泡立てネットを使いましょう。

 

トップページへ戻る

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ